医療・在宅・介護・教育など活躍の場が広い看護師。関連する資格をご紹介

資格を紹介!看護師のスキルアップサポート

看護師が活躍できる分野

病院などの医療現場で専門性を活かしながら働けるのはもちろん、高齢化社会の現代では在宅医療や介護業界でも看護師の活躍が期待されています。特に注目したいのは訪問看護師の仕事で、社会的に需要が高まっているのが現状です。また、看護師育成や子どもたちを対象とした「先生」としての活躍も可能。それぞれの分野で活かせる資格をご紹介します!


看護師が活躍できる分野に関する記事

「先生」として活躍できる資格

看護師の働き方の一つとして、次世代の看護師を養成している看護大学や看護専門学校の教員があります。同じ「先生」ですが、そのなりかたや仕事内容は異なっています。研究活動に興味のある人は看護大学に、学生の身近で接してサポートしたい方は専門学校に向いているなどの特徴があるのでチェックしてみてください。
また、「保健室の先生」である養護教諭も、看護師が「先生」として活躍できる資格です。子ども好きな方、安定を求める方はチャレンジしてみてはどうでしょうか?

介護業界で活躍できる資格

介護業界は高齢化社会でとても重要な分野。医療との連携が大切なため、介護福祉士やヘルパーだけでなく、看護師の活躍も期待されています。
施設看護師として利用者の健康管理を行うなど、看護スキルを活かしながら働けるのはもちろん、介護関連の資格を取ってスキルアップも可能です。ケアマネージャーとしてケアプラン作成を行ったり、福祉住環境コーディネーターとして個人に合うバリアフリーを提案したりと、活躍の仕方はさまざま。発展を続ける介護業界、キャリアプランを立てる際には要チェックですよ。

在宅医療で活躍できる資格

高齢化社会で問題となっているのは、医療機関や介護施設の不足。そのため自宅で療養している人が多くなっています。そこで活躍を期待されているのが看護師です。
在宅医療で働く看護師の代表的なものは訪問看護師。自宅を訪れてさまざまなケアや家族の相談にのっています。訪問看護師としてスキルアップできる資格には、訪問看護認定看護師や在宅看護専門看護師などがあります。
実務経験や教育課程に通う期間が決まっているなど、資格取得は簡単ではありません。資格取得の手段をしっかり確認してキャリアアップに役立ててください。

医療現場で活躍できる資格

看護師が最も活躍できる分野といえば、代表的なのは医療現場ですね。そこでスキルアップしたいときに取得したいのはどのような資格なのでしょうか。
救急病院で働いている看護師なら、救急対応への知識が深まる救急救命士。糖尿病治療について知識を深め、患者さんへの生活指導をより専門的に行いたいなら糖尿病療養指導士の資格がおすすめ。栄養サポートチームで活躍し、栄養の知識を深める必要性を感じるなら栄養サポートチーム専門療養士もいいですね。
これらがどのような資格なのか、気になる受験資格などについてまとめてみました。

おすすめ記事ピックアップ